HOME | Ricoについて  

リコ・イントロダクション

<リコを支えてきた人々> ~歴史ある一族の伝統~

リコ・リードを知らない人はいません。
クラリネット奏者、サックス奏者なら誰でも一度はリコ・リードを使ったことがあるということも周知の事実です。しかし、現在世界最大のリード製造・販売業者であるこのメーカーの由来について知っている人はどれだけいるでしょうか? すべては1928年、ジョセフ・リコとともにフランスで始まりました。

イタリアに生まれたジョセフ・リコ(1876~1957年)は、ナポリ近郊の神学校に通い、そこで優れた音楽の才能を発揮します。10代のとき、ジョセフは弟のリベレートと一緒に、ある晩神学校から逃げ出し、船に乗り込み、野心家にとってチャンスの宝庫であると聞いていたアメリカに向けて旅立ちました。ジョセフはハープ、ピアノ、ギター、弟はマンドリンとヴァイオリンの演奏を修得していました。努力の結果、2人の音楽家はシカゴやニューヨークでその名を知られるようになります。その後、ジョセフ・リコは作曲や指揮を手がけるようになり、パリに移ってからは人気の作曲家となりました。彼が作ったスロー・ワルツは今もなお演奏されています。

1926年、ジョセフの甥であり、ウォルト・ディズニー・スタジオのクラリネット奏者だったフランク・デ・ミシェルから、ロサンゼルスで良いリードを見つけるのがいかに大変かを訴える手紙が来ました。彼はこう書いています。「パリの音楽界で名声を築いてこられたジョーおじさんなら、僕のために良いリードをたくさん見つけてくださると思います。」甥に送るためのリードは簡単に見つかりましたが、3週間後、フランクからまた手紙が来て、「送っていただいたリードは友だちがみんな気に入って、僕の分がなくなってしまいました。もう少し送ってもらえますか?」と書かれていました。その後、何度か同じような手紙が交わされたのち、ジョセフは仕入先から、ケーンが不足しているためこれ以上リードを供給できないと言われ、販売を断られてしまいました。するとフランクから、自分でリードを作ってみるので、せめてケーンだけでも送ってもらえないかと頼まれます。ジョセフは南フランスのバール地方に別荘を持っており、そこには上質のリード・ケーンが生えていました。1928年、ジョセフ・リコは、350キロのリード・ケーンを初めてアメリカへ向け出荷します。

フランクはリードの製造・販売を手がけるに当たり、おじに対する敬意を込め、名前を使わせて欲しいと申し出ます。その後、フランク・デ・ミシェルは、音楽家であり、技術者でもあるロイ・J・マイアーを含むビジネス・パートナーを見つけ、米国にリードの生産工場を作ります。こうして会社はリコと名付けられたのです。

ロイ・J・マイアーが設計、開発を手がけた世界でもっとも人気の高いリード。その誕生には興味深い背景があります。それはエンジニアリングと音楽、さらにサックス、クラリネット奏者として彼が初めて世に出た1920年代に始まるリードの研究、という彼の興味が必然的に融合していく過程なのです。その後、マイアーはアメリカの一流楽団まで着実に登りつめ、一時期は20年代、30年代に活躍したスター揃いのポール・ホワイトマン楽団のメンバーとしても演奏しました。ホワイトマン楽団に在籍した後、彼はラジオやレコーディングの仕事に携わります。

マイアーは長年のキャリアを通じ、エンジニアリングへの興味を実際の演奏と結びつけることができずにいました。しかし、リコでそれが可能となったのです。彼の優れた演奏技術とリードの特徴についての知識が、リコ・リードの独創的な設計やその後開発されるに至った特殊な機器や製作手法の誕生に貢献することになります。

しかし、それらは決して一夜にして完成したわけではありません。マイアーは何千もの試作品を作り、それぞれのリードの大きさや強度に最適な寸法を追求していきました。そんな中、彼はリードの切断面を細部まで計測することができる初の器具を考案します。

何世代にもわたり、世界トップクラスの演奏家たちに触発されてきた現在のリコ・リードにも、マイアーが残した独創性とディテールへの配慮という遺産は受け継がれています。

ジョセフの孫ジャン・フランソワ・リコは、30年間南フランスのプランテーションでマネージャーを務め、現在でもリコの重要な人物のひとりです。

<すべての原点>

ケーン([和名]ダンチク〈暖竹〉、[学名]Arundo donax、[英名]giant reed) ちょっとびっくりするかもしれませんが、ケーンが成長し、収穫できるようになるまでは通常2年から4年はかかります。この間、大きさが基準に満たないものは手作業で1本1本取り除かれます。こうして良質なケーンだけが残され、成長するのです。収穫はすべてケーンの休眠期に当たる冬の間、手作業により、2、3カ月かけて行われます。その後、不要な葉などの除去、天日干し、乾燥、のこぎりによる切断、貯蔵などの工程を踏み、加工されていきます。クラリネット奏者、サックス奏者の方々は、ご安心ください。リコでは、収穫したばかりのケーンを大急ぎで演奏に使えるリードに加工するようなことはいたしません。私たちは辛抱強くケーンが成長するのを待ち、黄金色になるまで完全にケーンを乾燥させます。

<ケーンが演奏用リードになるまで>

まず、ケーンの茎を節の間で切ります。この作業はそれぞれのプランテーションで行われます。筒状になったケーンは、プランテーションの区域別に袋に詰め、ブランク・リードとしてカットするため発送されます。工場では、筒状のケーンをひとつひとつ丁寧に検査し、口径や壁の厚さによって仕分け、リコの規格に合わせて再度カットしていきます。まず、ケーンの筒を縦に4分割し、再び寸法を測った後、厚さに応じて袋分けします。次に、4分割されたケーンの上下左右の側面をいっせいにカットして初期段階のブランク・リードを作り、その後、やすりをかけ、ケーンの色によって選別します。最後に、ブランク・リードはティップ、スパイン、レールの対称性などを基に、デザインごとにカットされていきます。カッティングに使われるリード切断機は、特定の製品を作るため、決められた型、強度、サイズに合わせて、入念に調整されています。メーカー内の品質管理担当の音楽家たちが、日に何度も切断機をモニタリングし、必要に応じて再調整を施し、また、すべての切断機からでき上がったリードを無作為に選び出し、テスト演奏を行っています。演奏性の基準および品質管理基準に満たないリードは商品として包装されることはありません。完成すると、何百万とあるすべてのリードは、製造ミスがないかどうか、最新式のビデオ検査にかけられてから箱に詰められます。

<製造業、農業、そして自然の力のコラボレーション>

この百年の間、テクノロジーは人類のあらゆる側面を変化させてきました。しかし、最先端の科学を持ってしても、リード・ケーンの類まれな音楽的性質に匹敵するような素材を開発するには至っていません。世界中のクラリネット奏者やサックス奏者にとって、リード・ケーンは今なお音楽を生み出すために必要不可欠なものです。そして、リコにとって、リード・ケーンを栽培することは、こうした事業には付き物である数々の障害が待ち構えていることを意味します。

ケーンの安定した供給を確保するため、リコはフランスとアルゼンチンにケーン・プランテーションを所有し、運営しています。今までにないこの新たな事業を運営する上で、リコは寒気、干ばつ、洪水などケーンの収穫高に影響を及ぼすさまざまな問題に対処していかなくてはなりません。ケーンとその栽培地に関して忘れてはならないのは、ケーンがワイン用ブドウと同じ土や気候を好むということです。

リコの製造過程は、一連の自動化した機械により、不定形の原料をきわめて均一にカットされた製品に仕上げていくものです。リコでは、「リコ」、「ラ・ヴォーズ」、「リコ・ロイヤル」、「プラスティカバー」、「フレデリック・ヘムケ」、「ミッチェル・ルーリー」、「ジャズセレクト」、「グランド・コンサート・セレクト」など、さまざまな種類の製品を提供しています。クラリネット、サックス・リードのグランド・コンサート・セレクトは、そのプロ用の姉妹品同様、著名な木管楽器の演奏家たちと共同で開発されています。

<時代と共に歩んで>

リコのリード製造機はコンピューター制御されており、常時専門家によってモニタリングされています。その歴史を振り返ると、そこには数多くの画期的な「業界初」製品が存在します。1930年代には、初めて強度を設定したリードを販売しました。1940年には、初めてプラスチック・コーティングされたリード、「プラスティカバー」を発表しました。これは独特な音色を持ち、耐久性にも優れています。リコのその他の革新的な製品には、「ノヴァ・パック」や「グラフトナイト・マウスピース」、そして最近開発された双方向湿度調整システムによる保存用バッグ、「リード・ヴァイタライザー」などが含まれます。

1970年代後半まで、リコは南フランスのバール地方に生える野生のケーン、あるいはそこで栽培されたケーンのみに頼っていました。しかし、この地域がどんどん開発され、農家が商業用地として土地を手放すようになると、ケーンの確保が難しくなってきました。将来的に原料が不足することを恐れ、リコは自社プランテーションに投資することを決めます。こうして、ケーン・プランテーションに適した場所を見つけるべく、世界中を探し回る本格的な取り組みが行われました。1980年代初頭にフランスでケーンの生産に打撃を与えた厳しい寒気のような自然災害の影響を最小限に食い止めることができる場所を探したのです。さらに、リコは農業経営プログラムを展開し、以来、世界最大の、そして世界一堅実なケーン・プランテーションを所有し続けています。

<農学者たちの努力>

リコのプランテーションは、当初、先細りするケーンの供給への対応策として考え出されたものでしたが、現在ではその重要な財産となっています。リコは世界に先駆けてケーンの栽培を手がけてきましたが、その結果ケーン栽培に関するさまざまな技術や科学を開発するに至りました。現在、灌漑や、土に特殊な栄養素を混ぜることにより、リコは最高のケーンを生産することができるようになりました。

リコは研究を通し、リード・ケーンが真に必要とするものを、基礎的な栽培レベルではなく、農業という高いレベルで追求していきたいと考えています。リードのカットは、良質なリードの一要素でしかなく、実際は原料の品質、安定性、信頼できる生産地などに多くを負うことをリコは認識しています。